北見工業大学 写真部ブログ 北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 前編

三日目は「小樽→積丹→ニセコ→洞爺湖→室蘭」。このルートを走った。天気がずーっと晴れだったからこの日が最高だったってゆう印象が強いかな それで、日記に添付したい画像が20枚もあったから前編後編に分けたいなーと思います。まぁ最初の10枚は「神威岬」での写真しかないんですけどねw
Okay!じゃあ神威岬レポート始めようか


朝、小樽の宿を出て国道5号を走った。あ、その宿にエアコンがついていたので前日はずっと乾燥モードにして雨で塗れたバッグとかは乾かしました。ジャケットとジーパンは乾かなかったけどね でも予備を持ってきていたので無問題この日は快適な出だしだった。5号から積丹半島をぐるっとまわる国道229号へ。そこから行くことのできる、ある雑誌では宗谷岬、襟裳岬に次ぐ北海道内ランク3の岬「神威岬」へ。
晴れた空と澄んだターコイズブルーの海は最高にきれいだった


神威岬入口付近で撮った
nsk01.jpg
先に岬の先端が見える。


上に同じく
nsk02.jpg
こうゆう風に陸が風化?侵食?されてとげとげになってるの好きだね


ここはまだ岬のずっと陸側だったのでさらに先を目指すために長い遊歩道を歩いた。暑かった


先端を目指す AIM!!
nsk03.jpg
海上の万里の長城といったところか


ターコイズブルー
nsk04.jpg
陸に近いところはめっちゃターコイズってる


岬から南側を見る
nsk05.jpg
なんでこんなきれいな色が出るの


そしてやっと先端に到着 神秘さを放つ「神威岩」を観た。


到着記念に灯台を撮る
nsk06.jpg
遠くから見るとあんなに小さかったのに…


神威岩
nsk07.jpg
すげー。垂直


いままで来た道を振り返る
nsk08.jpg
これを引き返すのかよ~


引き返した後は岬入口にあるレストラン「ペニンシュラ」で朝食兼昼食を食べた


いくらと甘エビの丼
nsk09.jpg
名前は忘れた


デザートに「積丹ブルーソフト
nsk10.jpg
歩き疲れた体に甘さが染みた

ここで神威岬レポートは終わり。楽しかった後半へ続く!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。始めまして。
台湾の旅行情報誌「TRAVELER LUXE」の記者、林と申します。

八月のカバーストーリーは「絶景北海道、ECO大旅行」という主題となり、台湾の人たちに積丹、美瑛、釧路の自然絶景とエコアクティベティを紹介します。積丹の島武意海岸と神威岬を紹介するつもりで、取材に行きました。。しかし、取材の当日、時間が足りなかったですから、灯台とカムイ番屋のシャコタンブルーソフトクリームの写真を撮れなかったです。神威岬の資料を探してるとき、KITphotoclubのブログに神威岬の写真を見つけました。雑誌の記事に灯台とカムイ番屋のシャコタンブルーソフトクリームを紹介したいですから、KITphotoclubの写真を弊社に使わせていただいてもよろしいでしょうか?雑誌を出版した後で、一冊の雑誌を送ります。

突然の依頼ですが、よろしくお願いします。
プロフィール

KITphotoclub

Author:KITphotoclub
北見工業大学写真部ホームページへようこそ!
皆様に北海道(主に道東)の素晴らしさを紹介いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。