北見工業大学 写真部ブログ 2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 後編

さて、ここからはニセコから室蘭までの思い出をつづろうか
神威岬を出て国道229号から道道66号、途中で道道58号を走った。道道66号(58号も?)は「ニセコパノラマライン」と呼ばれる絶景ワインディングロード。ニセコへと上る道は急勾配って訳じゃないけど、空まで続いてんじゃないかと錯覚させるくらい空がひらけてて印象に残った道だった。


ニセコパノラマライン
nsk11.jpg
高速コーナーが気持ち良い


ニセコ神仙沼付近の鳥居
nsk12.jpg
良い天気だった


自然休養林を眺められる駐車場にて
nsk13.jpg
休憩


道道58号
nsk14.jpg
一定区間だけ道が細くなってるんだよね


道道58号を抜けたら道道478号、道道97号を走った。そう、羊蹄山を時計回りに半周するように 羊蹄山の円錐形はどこから見ても美しかった


羊蹄山
nsk15.jpg
美しい!!まさに蝦夷富士だね


その後は国道230号を南下、洞爺湖東側の道道132号を走った。


洞爺湖
nsk16.jpg
中央の中島がよく目立つ


洞爺湖畔を走る
nsk17.jpg
哀愁漂う昼下がり


洞爺湖を過ぎて伊達市に入ったら国道37号を南下。室蘭市の「白鳥大橋」(←東日本最大のつり橋らしい)を通り、地球岬へ。


地球岬
nsk18.jpg
水平線が広い―――――――――――――――


地球岬の鐘
nsk19.jpg



3日目は室蘭で泊まりました


室蘭の夜景
nsk20.jpg
奥に見えるのが「白鳥大橋」


そんなわけでツーリング3日目終了~ニセコとそこの「パノラマライン」が最高だった!直線道もいいけどやっぱ峠道だな、オレは それにしてもこの日は良い天気だった!毎日が晴れなら良いのに
4日目はここから函館へと向かいます。きれいな夜景が撮れました
次回「北海道ツーリング記 Day4 ~from室蘭to函館~」 Don't miss it!
スポンサーサイト

北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 前編

三日目は「小樽→積丹→ニセコ→洞爺湖→室蘭」。このルートを走った。天気がずーっと晴れだったからこの日が最高だったってゆう印象が強いかな それで、日記に添付したい画像が20枚もあったから前編後編に分けたいなーと思います。まぁ最初の10枚は「神威岬」での写真しかないんですけどねw
Okay!じゃあ神威岬レポート始めようか


朝、小樽の宿を出て国道5号を走った。あ、その宿にエアコンがついていたので前日はずっと乾燥モードにして雨で塗れたバッグとかは乾かしました。ジャケットとジーパンは乾かなかったけどね でも予備を持ってきていたので無問題この日は快適な出だしだった。5号から積丹半島をぐるっとまわる国道229号へ。そこから行くことのできる、ある雑誌では宗谷岬、襟裳岬に次ぐ北海道内ランク3の岬「神威岬」へ。
晴れた空と澄んだターコイズブルーの海は最高にきれいだった


神威岬入口付近で撮った
nsk01.jpg
先に岬の先端が見える。


上に同じく
nsk02.jpg
こうゆう風に陸が風化?侵食?されてとげとげになってるの好きだね


ここはまだ岬のずっと陸側だったのでさらに先を目指すために長い遊歩道を歩いた。暑かった


先端を目指す AIM!!
nsk03.jpg
海上の万里の長城といったところか


ターコイズブルー
nsk04.jpg
陸に近いところはめっちゃターコイズってる


岬から南側を見る
nsk05.jpg
なんでこんなきれいな色が出るの


そしてやっと先端に到着 神秘さを放つ「神威岩」を観た。


到着記念に灯台を撮る
nsk06.jpg
遠くから見るとあんなに小さかったのに…


神威岩
nsk07.jpg
すげー。垂直


いままで来た道を振り返る
nsk08.jpg
これを引き返すのかよ~


引き返した後は岬入口にあるレストラン「ペニンシュラ」で朝食兼昼食を食べた


いくらと甘エビの丼
nsk09.jpg
名前は忘れた


デザートに「積丹ブルーソフト
nsk10.jpg
歩き疲れた体に甘さが染みた

ここで神威岬レポートは終わり。楽しかった後半へ続く!!

北海道ツーリング記 Day2 ~from稚内to小樽~

ツーリング二日目レポートいきまーす
道道254号を南下し、そのまま道道106号へここからライダー憧れの場所日本海オロロンライン」へと入る。自分の場合、南下だったから右手には日本海、左手にはサロベツ原野を眺めながら走ったんだけど最高だったね超日本離れしてる風景のなか、ほぼ直線だけの道が続くところを走るんだよ。自由だった。


道道254号か106号付近
otr01.jpg
これ以降道の写真は撮っていませんw直線が気持ちよすぎて忘れてたのかも。


しばらく走っていると一列に28基の風車が並ぶポイントに到着。圧巻だった


その「オトンルイ風力発電所」
otr02.jpg
良い風が吹いていた


その後はそのまま国道232号へ。
で、稚内から100kmほど走ったところにある道の駅「ほっと♡はぼろ」で休憩。何を思ったかそこに隣接されてる公園のバラを撮っていた最中…どしゃ降りをくらった
もうガチ萎え服はびしょびしょ↓ 超不快だった↓ 荷物は一応防水対策してたけど、外装は濡れちゃったよ↓

実は上の風車の写真を見てみると、南に行くほど雲行きが怪しくなっていくのがわかるんだよね

雨が降り出す直前に撮っていた写真
otr03.jpg
空がイヤな色してるのが分かる。


張り付く服の不快感に悩ませられるもそのまま走行続行 天候は留萌らへんからだんだん晴れてきた。そして「黄金岬」に寄り道。青色が綺麗だった


波濤の門
otr04.jpg
夕日の絶景スポットでも有名な「黄金岬」


黄金岬から見た日本海
otr05.jpg
海が岬に入るとより青くなっているように見えた。

国道232号から231号、5号へ。小樽に到着都市部はごちゃごちゃしててあんまり好きじゃないね。やっぱ自然を感じたい。時間があったので「小樽天狗山」の途中まで上った。小樽市が眺められた


天狗山から眺める小樽市
otr06.jpg
「やっほー」


二日目はねー。雨さえ降らなければ最高だったんだけどね
でも「オロロンライン」の楽しさはPRICELESS!!
次回「北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~」 Don't miss it!

北海道ツーリング記 Day1 ~from北見to稚内~

平成23年度写真部部長の私MJが夏休み中にバイクで約5日間の長距離北海道ツーリングに行ってきたので(当然カメラを持って)、その時の事を写真を交えて日記に書こうと思いますちなみに愛車はKAWASAKI-ZZR400ツアラーって言う長距離走るために作られたような車種だから、一日に400kmくらい走っても全然疲れないんだよね~。


そんなわけで、初日は早朝北見を出て、宗谷岬を通って稚内まで一気に行きました
Okay!その道のりを振り返ってみよう


北見を出たときその周辺には濃霧注意報が出ていた。でも特に走行に影響は無かったかなそんなことよりこれからのことを考えてワクワクしていた
国道39号から旭川紋別自動車道に乗り国道40号へ。ここから一気に北上でも天気は曇り景色もなかなか映えなかったのでそこらへんの写真は撮っていませんw そして40号から275号へ。中頓別よりちょっと前で北に雲がかかってないところを見つける。ここで一枚↓


稚内は晴れているのか
wak01.jpg
北に行くにつれ晴れていくことを願った


そしてそのまま浜頓別へ。天気は…曇りときどき晴れって感じ。なかなか良かった
ツーリング開始前に「ここは行く」って決めておいた「クローバーの丘」へ行くために道道84号へ。右手にクッチャロ湖が見えた。
少し走ったら道道710号へ。そこでの1枚↓


クローバーの丘へ
wak02.jpg
坂道を登っていくんだけど良い景色だった


で、クローバーの丘に到着地面に広がるクローバー。丘の上からはクッチャロ湖が眺められる。それを含めた農場の景色が最高↓の写真に写ってる鐘を鳴らしてみた。「カーンァーン…って映画でしか聞いたことのないような心地よい音が響いた。当時そこに居たのは自分一人。聞こえたのは風の音と鐘の音のみ。感動した


クローバーの丘にて
wak03.jpg
鐘 バイク クッチャロ湖 翔


観終わったらまた道道710号を進む。晴れて太陽が出てきたため暑かったこの道で初めて「牛飛び出し注意」って看板があることを知ったね。こういうの見ると北海道を感じる


暑さから逃れるためにい木陰に集まる牛たち
wak04.jpg
「暑いね~。」


雲が面白かったので
wak05.jpg
良い天気だった


238号に入ったらすぐ海側へ!(右折)なぜなら突き当たりに村道の「エサヌカ線」があるから前から走りたかった直線道ガチで来て正解だったね自由を感じた。通行量皆無、景色をぶち壊す障害物ナシ。FREEDOM!!


エサヌカ線
wak06.jpg
地平線が見える。


エサヌカ線2
wak07.jpg
ホント良い意味で何も無いんだよね


エサヌカ線終了後、国道238号に合流。一気に宗谷岬へと北上ここで天気は完全に曇りそのまま宗谷岬に到着
日本最北端だよなんか達成感を覚えたね。YEAH


最北端モニュメント
wak08.jpg



宗谷岬に集まるライダー達
wak09.jpg
すごい仲間意識を感じる


そしてここにある食堂「最北端」(まんまw)で遅めの昼食「最北端ラーメン」を頂いた。


最北端ラーメン
wak10.jpg
ホタテ、カニ、エビ、つぶ貝、もずく…だったかなとにかく旨しスープも極上なり。


ようやく稚内へ国道238号を南下。午後5時ごろにその日宿泊させて頂いたノシャップ(野寒布)岬近くにあるライダーハウス「サガレン」に着く。荷物を降ろし、夕日を撮りに岬に行く。ちなみにここは良い夕日が見れることで有名らしい。平日なのに多くのカメラ持ちが居た。


ノシャップ岬にて
wak11.jpg
下の雲ェ…。


イルカのモニュメント
wak12.jpg
本当の明るさはこんな。上の夕日はガチ編集ですw


夜、この日の締めに食堂「みなとや」で夕食をとった。「サガレン」にお世話になる旨を伝えると一部のメニューが大盛りになるうれしい特典付き「ノシャップ岬丼大盛り」をオーダー。


ノシャップ岬丼「宝石箱や~」フォーカスが合ってないのは空腹のせい
wak13.jpg
並盛りだと丼にカニが乗るんだけど、大盛りだと乗らないから別皿なんだって

「ノシャップ岬丼」のことなんだけど、あの旨さはヤバかったね。まずウニが違うんだよ。パック寿司や回転寿司で出されるのとは違う。ぶっちゃけオレ、ウニって好きか嫌いかって聞かれたら後者なんだけど、ここのは違ったね。安物のドロっとしてて中途半端に甘いやつじゃないんだよ。トロってくずれて、旨みが染み出した。イクラ、ホタテは言うまでも無い。YUMMY!!
夕食後はライダーハウスで知り合ったHONDA-AfricaTwin乗りのおっさんと雑談して1日を終えた。


自分自身、初長距離ツーリングの初日だったんだけどかなり有意義な時間が過ごせました
次回「北海道ツーリング記 Day2 ~from稚内to小樽~」 Don't miss it!

前期活動報告④ ~新しい仲間が加わったぞ!~

新しい仲間。仲間と言っても新入部員のことではない。でもそれと同じくらい大切な今後を共にする仲間達です。
「大学からの支給品が来た!!」
液晶ディスプレイとSIGMA製Canon用の広角レンズ


支給品
ND01.jpg
新品特有の良い匂い。


今まで使ってたブラウン管ディスプレイ
ND02.jpg
画面には傷が付いており、色映りも微妙だった


REPLACE!!


液晶ディスプレイを取り付けた。
ND03.jpg
一目瞭然。感動した


写真部がこのような待遇が受けられるのは先代の先輩方、今の先輩方が途切れることなく、活動なさったおかげ。
感謝します。これらを授かるまでのこれまでの全てに。

前期活動報告③ ~撮影旅行around摩周~

7月2日に部長と1年生部員3人とで日帰りの撮影旅行に行ってきました。北見→美幌峠屈斜路湖畔神の子池硫黄山摩周湖→北見というふうにまわって来たんだけど、天候に恵まれてなかなか良い写真が撮れましたでも、撮ることより観ることに夢中になっちゃって撮影旅行って言うよりSIGHTSEEINGって感じだったね。
Okay!!じゃあ綴っていこう

北見を出発してすぐ美幌峠に到着。展望台とは逆の方向にある丘に登る。(展望台にも登ったけどね)


美幌峠から眺める屈斜路湖
mat01.jpg
眺めも良いけど、ここまで来るために走るワインディングロードも楽しいんだよね


上記の丘から一足先に降りて撮った↓写真部員達
mat02.jpg
様になってるんじゃない


一通り景色を楽しんだら、北見方面から上ってきた美幌峠をそのまま下ってた流れのままに屈斜路湖畔へ。


屈斜路湖畔
mat03.jpg
ここでキャンプしたら楽しそうだね~。


近くの砂湯から屈斜路湖を撮る写真部員
mat04.jpg
アヒルボートを撮ってるのかな


しばらくしたら、部長がガチで薦める神の子池へ。でもその途中で硫黄山に寄ったんだ。硫黄山ってその名の通り硫黄が採れた山なんだよね。中学?高校?の化学で習ったかもしれないけど硫黄の特徴として腐卵臭(←クサッテヤガル)があるのはご存知のとおり。そう、この山も臭ったんだ。あの臭いが。トテモクサカttとても香ばしい匂いがしました。楽しかったです


硫黄山
mat05.jpg
とても香ばしい匂いがしました。楽しかったです


何だかんだ言って硫黄山が面白いのはガチ。マジおすすめですゆで卵もソフトクリームも美味しいし。で、お目当ての神の子池へ。


神の子池
mat06.jpg
見れば分かるようにハンパ無いエメラルドグリーン正直この美しさは写真じゃ表現しきれない観に行って損は無いね


ちょっとCOOLに編集
mat07.jpg
コレジャナイ。jpegェ…。圧縮されてないともっと綺麗なんだからねっ><


最後に摩周湖を観に行った。霧がかかりやすいって有名な所だけど、幸運にもかかってなかった。


摩周湖 matthew
mat08.jpg
マシューって響きがいいあ、眺めも最高ここは裏摩周展望台


1年生が撮ってくれた裏摩周シェルター give me shelter~♪
mathew.jpg
裏摩周展望台に入る道の前にあるトンネル。名前に負けず劣らずカッコイイ中身


この後無事北見に帰りました。良い気分転換になったぜ

前期活動報告② ~工大祭報告~

6月18日、19日に北見工業大学の大学祭である「工大祭」が行われたんだけど、我が写真部は構内の一角を借りて写真展を開きました。

今回はその展示会の様子と、そのほかに「工大祭」で行われたことの一部を紹介したいなーと思います。活動報告とはちょっと違うかもしれないけど気にしなーい。


写真展の様子
gak01.jpg
部員達の力作が展示されていた。


研究室紹介の様子
gak02.jpg
ここは電気電子工学科だったかなー


模擬店の様子
gak03.jpg
どれも旨かったぜ


ロボコンチームによる展示
gak04.jpg
これぞ工大って感じ


鉄道研究会による展示
gak05.jpg
プラレールとか模型とか色々面白い物があった。


第1回ゲーム大会の様子
gak06.jpg
なかなか熱かったと聞いてるぜ


体育館の様子
gak07.jpg
フットサル大会とか24時間リレーとか、体育祭っぽいこともやってたねー。


薄荷童子の皆さんによるソーラン節公演
gak08.jpg
この人たちマジかっこいいです


名物女装コンテストの様子。↓男です。
gak09.jpg
「君カワウィーねぇ~そんなのあt


男装コンテストもあるよ↓女です。
gak10.jpg
「ラーメン、つけめん、君イケメン


「楽しかった工大祭。」「みんなでセットした写真展。」「この思い出は」「忘れません!」

前期活動報告① ~フィルム現像始めました~

いや~。ずいぶんブログ更新してなかったね~。3ヶ月とちょっとか。でもその間にも我が写真部はいろいろと活動してきたんだ。だからその期間の活動報告をブログ更新再開の一歩目としたいなーと思います。
Okayじゃあ始めますか。

6月9日、10日
今年度初めて暗室を利用してのフィルム現像をしました。その様子を写真に収めた


フィルムを入れた現像タンクをSHAKE!!
ans01.jpg
写真部の師匠に指示を仰ぐ1年生。


フィルムを乾燥させている。
ans02.jpg
おっちゃんと出来たようだね


印画紙に画像を定着させた後、薬品を洗い流している。
ans03.jpg
IN暗室


↑のを乾燥させている。
ans04.jpg
やったぜ上手くプリントできたようだ


デジタルも良いけどフィルムも良い。
プロフィール

KITphotoclub

Author:KITphotoclub
北見工業大学写真部ホームページへようこそ!
皆様に北海道(主に道東)の素晴らしさを紹介いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。