北見工業大学 写真部ブログ 個人日記 (H23部長-MJ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング記 Final

Coming soon
スポンサーサイト

北海道ツーリング記 Day4 ~from室蘭to函館~

Coming soon

北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 後編

さて、ここからはニセコから室蘭までの思い出をつづろうか
神威岬を出て国道229号から道道66号、途中で道道58号を走った。道道66号(58号も?)は「ニセコパノラマライン」と呼ばれる絶景ワインディングロード。ニセコへと上る道は急勾配って訳じゃないけど、空まで続いてんじゃないかと錯覚させるくらい空がひらけてて印象に残った道だった。


ニセコパノラマライン
nsk11.jpg
高速コーナーが気持ち良い


ニセコ神仙沼付近の鳥居
nsk12.jpg
良い天気だった


自然休養林を眺められる駐車場にて
nsk13.jpg
休憩


道道58号
nsk14.jpg
一定区間だけ道が細くなってるんだよね


道道58号を抜けたら道道478号、道道97号を走った。そう、羊蹄山を時計回りに半周するように 羊蹄山の円錐形はどこから見ても美しかった


羊蹄山
nsk15.jpg
美しい!!まさに蝦夷富士だね


その後は国道230号を南下、洞爺湖東側の道道132号を走った。


洞爺湖
nsk16.jpg
中央の中島がよく目立つ


洞爺湖畔を走る
nsk17.jpg
哀愁漂う昼下がり


洞爺湖を過ぎて伊達市に入ったら国道37号を南下。室蘭市の「白鳥大橋」(←東日本最大のつり橋らしい)を通り、地球岬へ。


地球岬
nsk18.jpg
水平線が広い―――――――――――――――


地球岬の鐘
nsk19.jpg



3日目は室蘭で泊まりました


室蘭の夜景
nsk20.jpg
奥に見えるのが「白鳥大橋」


そんなわけでツーリング3日目終了~ニセコとそこの「パノラマライン」が最高だった!直線道もいいけどやっぱ峠道だな、オレは それにしてもこの日は良い天気だった!毎日が晴れなら良いのに
4日目はここから函館へと向かいます。きれいな夜景が撮れました
次回「北海道ツーリング記 Day4 ~from室蘭to函館~」 Don't miss it!

北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~ 前編

三日目は「小樽→積丹→ニセコ→洞爺湖→室蘭」。このルートを走った。天気がずーっと晴れだったからこの日が最高だったってゆう印象が強いかな それで、日記に添付したい画像が20枚もあったから前編後編に分けたいなーと思います。まぁ最初の10枚は「神威岬」での写真しかないんですけどねw
Okay!じゃあ神威岬レポート始めようか


朝、小樽の宿を出て国道5号を走った。あ、その宿にエアコンがついていたので前日はずっと乾燥モードにして雨で塗れたバッグとかは乾かしました。ジャケットとジーパンは乾かなかったけどね でも予備を持ってきていたので無問題この日は快適な出だしだった。5号から積丹半島をぐるっとまわる国道229号へ。そこから行くことのできる、ある雑誌では宗谷岬、襟裳岬に次ぐ北海道内ランク3の岬「神威岬」へ。
晴れた空と澄んだターコイズブルーの海は最高にきれいだった


神威岬入口付近で撮った
nsk01.jpg
先に岬の先端が見える。


上に同じく
nsk02.jpg
こうゆう風に陸が風化?侵食?されてとげとげになってるの好きだね


ここはまだ岬のずっと陸側だったのでさらに先を目指すために長い遊歩道を歩いた。暑かった


先端を目指す AIM!!
nsk03.jpg
海上の万里の長城といったところか


ターコイズブルー
nsk04.jpg
陸に近いところはめっちゃターコイズってる


岬から南側を見る
nsk05.jpg
なんでこんなきれいな色が出るの


そしてやっと先端に到着 神秘さを放つ「神威岩」を観た。


到着記念に灯台を撮る
nsk06.jpg
遠くから見るとあんなに小さかったのに…


神威岩
nsk07.jpg
すげー。垂直


いままで来た道を振り返る
nsk08.jpg
これを引き返すのかよ~


引き返した後は岬入口にあるレストラン「ペニンシュラ」で朝食兼昼食を食べた


いくらと甘エビの丼
nsk09.jpg
名前は忘れた


デザートに「積丹ブルーソフト
nsk10.jpg
歩き疲れた体に甘さが染みた

ここで神威岬レポートは終わり。楽しかった後半へ続く!!

北海道ツーリング記 Day2 ~from稚内to小樽~

ツーリング二日目レポートいきまーす
道道254号を南下し、そのまま道道106号へここからライダー憧れの場所日本海オロロンライン」へと入る。自分の場合、南下だったから右手には日本海、左手にはサロベツ原野を眺めながら走ったんだけど最高だったね超日本離れしてる風景のなか、ほぼ直線だけの道が続くところを走るんだよ。自由だった。


道道254号か106号付近
otr01.jpg
これ以降道の写真は撮っていませんw直線が気持ちよすぎて忘れてたのかも。


しばらく走っていると一列に28基の風車が並ぶポイントに到着。圧巻だった


その「オトンルイ風力発電所」
otr02.jpg
良い風が吹いていた


その後はそのまま国道232号へ。
で、稚内から100kmほど走ったところにある道の駅「ほっと♡はぼろ」で休憩。何を思ったかそこに隣接されてる公園のバラを撮っていた最中…どしゃ降りをくらった
もうガチ萎え服はびしょびしょ↓ 超不快だった↓ 荷物は一応防水対策してたけど、外装は濡れちゃったよ↓

実は上の風車の写真を見てみると、南に行くほど雲行きが怪しくなっていくのがわかるんだよね

雨が降り出す直前に撮っていた写真
otr03.jpg
空がイヤな色してるのが分かる。


張り付く服の不快感に悩ませられるもそのまま走行続行 天候は留萌らへんからだんだん晴れてきた。そして「黄金岬」に寄り道。青色が綺麗だった


波濤の門
otr04.jpg
夕日の絶景スポットでも有名な「黄金岬」


黄金岬から見た日本海
otr05.jpg
海が岬に入るとより青くなっているように見えた。

国道232号から231号、5号へ。小樽に到着都市部はごちゃごちゃしててあんまり好きじゃないね。やっぱ自然を感じたい。時間があったので「小樽天狗山」の途中まで上った。小樽市が眺められた


天狗山から眺める小樽市
otr06.jpg
「やっほー」


二日目はねー。雨さえ降らなければ最高だったんだけどね
でも「オロロンライン」の楽しさはPRICELESS!!
次回「北海道ツーリング記 Day3 ~from小樽to室蘭~」 Don't miss it!

プロフィール

KITphotoclub

Author:KITphotoclub
北見工業大学写真部ホームページへようこそ!
皆様に北海道(主に道東)の素晴らしさを紹介いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。